都市郊外の浮気では、車とラブホテルが必要です。

都市部での不倫調査(都市部の浮気の特長)

東京や大阪などの都市部では、浮気をしている人の行動に特徴があります。

 

そのため特徴に合わせた浮気調査をすることで、より証拠の確保がしやすくなります。

 

まず都市部で浮気をする人はあまり周囲に対して警戒していないケースが多くなります。

 

知人が周囲にいないように出歩く際は住居から離れた場所を選んだり、人が多くいる場所を好んでいることも多いです。そのため浮気調査を行う時には、できるだけ早い段階で尾行を開始する必要があります。

 

どこに行くか見当をつけることが難しいため調査対象者を見逃さないように注意しなければなりません。

 

その反面調査対象者は人の多い場所を好むため、尾行が気づかれる確率も低くなります。

 

都市部の場合は他にも仕事終わりにそのまま自宅に帰宅せずに、不倫相手を密会するケースも多くなります。

 

交通機関が動いている時間帯で密会を終わらせるようにするため、駅近くなどの場所が選ばれやすくなります。自家用車で通勤している人は駐車場がある場所を好んで密会場所にする傾向が強いです。そのため毎回同じ場所を選ぶことも多くなるので、密会場所を特定することで確実な証拠写真が撮りやすくなります。

 

そして都市部で浮気や不倫をしている場合、その相手の警戒心も低いことが多いです。知人や家族に現場を見られる可能性が低いので、大胆な行動に出る場合もあります。そのためできるだけ早い対処が必要になることもあります。

 

浮気の現場を発見するには、調査対象者が言い逃れできないような状況が必要になります。

 

デートをしている様子や食事をしている状況では、確実な証拠となりません。

 

肉体関係を持っていることがわかるような状況が必要となるため、相手の自宅やホテルに入っていく瞬間や出てくる瞬間を確認する必要があります。これを見つけ出すためには、調査対象者の日常の帰宅時間や行動時間などから推測して、見当をつけていきます。

 

そのため浮気調査には調査対象者の行動パターンを詳細に知ることで、証拠を発見しやすくすることができます。

 

都市郊外での浮気調査の特長はコチラ!!