都市郊外での不倫調査(郊外での浮気の特長)

出会いが多い都市部だけでなく、郊外など地方でも浮気をする人はいます。

 

郊外での浮気の特徴として、浮気相手の家ではなく、ラブホテルなどを利用することが多い傾向があります。

 

都市部は独り暮らしをしている人が多いですが、郊外や地方の場合は家族と同居している人が少なくありません。

 

そのため、都市部で浮気をするときは、お互いの家を行き来することが多いですが、郊外で浮気をする人はホテルを利用することが多いといえます。

 

郊外では飲食店なども都市部と比べて数が少ないですし、行動範囲にも狭まっているので、飲食店などに行くと見知った人と顔を合わせる機会が多くなってしまうので、浮気がばれる可能性が高くなります。

 

そのため、郊外で浮気をするときは、ホテルを利用したり、車に乗って少し地元からは離れた場所ででデートを重ねることも多くなります。

 

地元から離れて浮気をしていると開放感から油断しやすくなるので、その時に浮気の証拠をつかむチャンスになります。

 

また、基本的に都市部では公共交通機関が発達しているので車を所有しなくても便利な生活をすることができますが、地方では生活をするために一人一台の車を所有することが多くなっています。

 

そのため浮気をするときも、自然と自分の車を使うことが多くなります。

 

車で移動されると浮気調査がしにくいのではないかと考えがちですが、車にはナンバープレートがついていますし車種などで区別しやすいので、浮気調査の対象者がわかっている場合は見逃すことがなく調査しやすいといえます。

 

ホテルに入るにしても、車でホテルのエントランスをくぐったり出てくる姿を写真や動画で撮影することができれば、浮気の証拠として示すことができます。

 

自分で浮気調査をしようとすると追跡している車を見失ってしまう可能性がありますが、探偵のプロに依頼をすれば、複数の探偵が連携して調査をしてくれるので、調査対象者にばれることなく浮気調査が可能です。

 

 

不倫調査を依頼する前にの事前確認はコチラ!