どうして浮気調査が必要なのかな?自分で調査した方が早いんじゃない?

 

探偵の浮気調査では、私たちが自分でおこなう浮気調査と一体何が違うのでしょうか?

 

まず第一に、探偵さんに依頼しておこなった浮気調査で得られた証拠はとても重要だという事がわかります。それはもちろんパートナーの浮気の証拠だから重要なんだって解りますけど。。。それがどんな風に重要なのか、説明してみます。

 

『お守り』って言われています。浮気調査の証拠は『お守り』なんです。

 

探偵の浮気調査で手に入れた証拠はこれからのあなたの大切なもの、大切な生活を守ってくれる『お守り』となります。また、守るだけでなくあなたを光り輝く方向へ導いてくれます。(ちょっと言いすぎかな?)

 

浮気調査の証拠がどのようにあなたを守ってくれるのか見てみましょう。証拠がお守りとして力を発揮するのはこんなときです。

 

 

○あなたのパートナーが浮気相手と本気になってしまい、あなたに突然の離婚を申し付けてきたとき、お守り=『証拠』 があれば、あなたはその申しつけを突っぱねる事ができます。

 

浮気相手と本気になってしまったパートナーが離婚の申し立てをしてきた場合、そのほとんどの理由は同じでだそうですよ。

 

それは、『性格の不一致』という理由なのだそうです。

 

わかるようで、よくわからない理由ですね。(長年一緒に暮らしていると、そんな気持ちもわからなくもありませんが。。。)とにかく、浮気が本気に変わった人たちが、あなたや家庭を捨てようとする場合に使うのが『性格の不一致』という理由なのです。

 

とても一方的な、そして根拠のない言い分なのです。

 

『性格の不一致』とは、一体どんなことなのでしょうか?

 

すでに、字を読んでお察しのとおり、『性格があいません。』ということなのですが、突然そんな事を理由にして離婚されても、びっくりしてしまいます。浮気をしている人に、そんなことを理由に勝手に離婚に持ち込まれたら、あまりにも一方的でひどいですよね。

 

しかし、もしもあなたが、パートナーの浮気の証拠を持っておらず、裁判に持ち込まれたら、それはどうすることもできません。パートナーの方は、あなたと離婚しようと、事前に周到な準備してきているからです。裁判になってから、あなたが、『私のパートナーは浮気をしています!』きっぱり!と言っても、全く真実味がありません。証拠が無いのですから。。。裁判では、証拠が全てです。

 

裁判の証拠とは『不貞の事実』を証明するものです。もしあなたが、浮気の証拠を持っていたのなら。。。パートなのーの浮気の証拠を公の場所で突きつける事ができます。

 

『私は家族が健康で、幸せに暮らせるように、収入が少なくても頑張ってきたのに、影で恥ずかしげも無く浮気をしている人に性格の不一致なんていう理由で離婚を迫られる覚えはありません。』 とはっきりと離婚の申し立てを突っぱねる事ができるのです。

 

そのような場合、ほとんどのパートナーは、不倫や浮気に夢中でまわりが見えていません。本当に大切なあなたのことを心から忘れてしまい、さっさと新しい生活に向けて離婚の筋道を組み立てています。

 

そして、『性格の不一致』を盾に、自分勝手に描いていたストーリーに舞い上がり、自分のほうがあなたより有利に立っている、と思い込んでしまっています。

 

でも、そこで、あなたが公の場で、浮気調査の『証拠』をパートナーに突きつけた瞬間から、まさに、その時点から立場は逆転して入れ替わってしまいます。これ以後、裁判も、慰謝料も、このあとの夫婦生活も全てあなたに主導権が移ってゆきます。

 

たった1セットの浮気調査報告書が『証拠』となり、あなたを確実に守ります。

 

まじめに夫婦生活を送りたかったあなたは、この証拠のおかげで、離婚を回避する可能性が格段に高くなるんです。

 

でも、もしも。。。
浮気調査の『証拠』が無かった場合、離婚裁判までに準備が間に合わなかったら、パートナーが『性格の不一致』とを理由に離婚申し立てをしてきた時には、あなたはとても不利な状況に追い込まれてゆきます。

 

あなたは今までパートナーと力を合わせて良い家庭を築こうと、必死に頑張ってきたのに、一方的にパートナーから離婚の話しを、どんどんと進められてしまうのです。

 

裁判で戦おうとしても、あなたを守ってくれるものは何も無いのです。

 

何がなんだか良くわからないまま、『性格の不一致』というパートナーのわがままに振りまわされて一生を棒に振ってしまう可能性が非常に高いのです。

 

そんなことは絶対に回避したいです。浮気調査の『証拠』=パートナーの不貞の事実 さえ掴んでしまえば、あなたを守ってくれるだけでなく
攻撃に転じることさえもできてしまう。。。このように、浮気調査の『証拠』はとても高い確率で、あなたを守ってくれる『大切なお守り』となります。
ちょっと、初めは気がつかないことなのですが、浮気調査を依頼している人たちは、パートナーと、その浮気相手からの一方的な要求と卑劣な行動に負けてしまわないように、なんとか自分を守るために、迷い迷って浮気調査を依頼しているのだということがちょっとわかってきました。

 

浮気調査の『証拠』は、お守りだからと言って、守るだけではありません。先制攻撃に出てもじゅうぶんにあなたが勝つ事ができるでしょう。
攻撃は最大の防御だと言われていますように、先に仕掛けて相手に有無を言わさずにパートナーの浮気問題を終わらせることも可能です。
『証拠』は攻守どちらにも使える魔法のお守りですね。

 

浮気調査を自分でおこなったらどうなるのか?

探偵事務所に浮気調査を頼むと、結構高い料金がかかるので、何とか自分でパートナーの浮気の事実を掴みたい。。。という方もたくさんいらっしゃると思います。そして、何とか自分の眼でパートナーの浮気を確認したいと思いますよね。

 

でも、浮気調査を自分でおこなわないで、探偵事務所へ依頼するのは何か理由があるはずです。

 

それは、どんな理由かと調べてみたら、『自分でおこなう浮気調査』は結構難しいらしいと言うことです。浮気調査の目的を、もう一度考えてみてください。浮気調査をおこなう目的は、『不貞の事実』=証拠を取ることです。証拠をとるといっても、その証拠は、どこの誰が見ても、この2人は不貞をしているとわかる証拠が必用なのです。

 

確かに、『誰が見ても理解できる不貞の証拠』が必要ない場合、例えば、あなた自信がパートナーの浮気を自分の眼で確認したいという事に目的を絞るのなら、自分で浮気調査することも全く問題がありません。

 

パートナーと浮気相手が浮気する日程を掴んで、GPSを使ったり、尾行したりして浮気の真っ最中に押し込んで、文句を言いますか?でも、その方法は、そのときは、修羅場になって大変なことになるかもしれませんが、それだけです。何も解決しないとおもいます。

 

本当に自分で調査する事が最善の方法でしょうか?

 

自分で調査するときのメリット、デメリットを考えて見ましょう。

 

【自分で浮気調査をする メリット】
1:費用が安く済む。
2:浮気の現場を、自分自身の眼で確かめる事ができる。

 

 

【自分で浮気調査をする デメリット】
1:時間が掛かる
2:尾行は1人ではかなり難しい
3:尾行していることや、調査していることがばれたら再度調査することは困難
4:裁判で使える浮気の証拠を撮るのが難しい。

 

浮気調査を自分で行った場合は確かにできるだけお金を掛けずに調査できると思いますが、メリットとデメリットを考えた場合、デメリットの方が遥かに大きくなります。また、浮気相手や浮気現場をしっかりと自分の眼で確かめることができますが、それだけで、浮気発見後の前向きな対応は考えることができません。

 

デメリットの中でも、特に、調査していることがばれてしまうということは重大な失敗になります。自分で尾行やGPSでの調査を試みて、それがパートナーにばれてしまった場合、パートナーは浮気をする時に細心の注意を払うようになります。こうなるとご自分ではもちろん、プロである探偵に依頼したとしても、尾行が非常に難しくなります。

 

また、浮気が夕方から夜の場合、証拠画像をとるのが非常に難しくなるのです。私たちが通常持っているデジタルカメラやスマホのカメラでは撮影が非常に艱難になります。ぶれている画像で、調査対象者の顔や、浮気相手がはっきり写っていない場合は証拠として認められません。また、フラッシュなんてもってのほか、あなたが撮影しているのがもろばれになります。

 

探偵社は、夜間でもしっかりと撮影できるカメラや、ビデオを用意していますし、遠距離だって望遠レンズを用意してばっちり撮影可能です。手の指のつなぎ方まではっきりととれますよ。

 

ご自分で調査した場合には、証拠が取れないばかりか、失敗する可能性も高く、失敗した場合は、『性格の不一致』で離婚裁判に持ち込まれると、とても不利な状態でパートナーと戦うことになります。

 

浮気調査の費用は高い。。。といいますけど、実際にどのくらいの金額が掛かるのかは、調べておいた方がいいです。

 

探偵紹介の会社に無料で見積りと、探偵を紹介してもらってみましょう。意外と手に届く範囲かもしれませんよ。もし可能なら、できるだけ探偵事務所に調査を依頼する事をお勧めします。

 

 

浮気調査費用の内訳を教えてください!!